マライカ公式通販 エスニック&アジアンファッションと雑貨・インディアンジュエリー

0120-918-023

 

モラ

中米パナマの先住民族であるクナ族が独自に生み出した多重アップリケで、民族衣装の女性用ブラウスのお腹と背中部分に縫いつけられる飾り布です。前後で柄を揃えるため、同じテーマにそって2枚1組で作られます。アップリケで描かれるモチーフは伝統的なデザインから身近なものまで様々にあり、母から娘へとその技術やモチーフが受け継がれています。決まった図案は無く、思い思いに自由な発想で作られ、そのアート的な魅力から世界各地にコレクターがいるパナマの有名な民芸品になっています。

【クナ族】クナ族(クナ・インディオ)はパナマの北部、サンブラス諸島に住む先住民族で、主にボートで漁をし、自然や精霊を崇拝し暮らしています。約120年前までは服を着ず、体にペインティングをして暮らしていましたが、欧米から服を着る文化が入ってきた為、徐々に服を着るようになりました。現在のモラの鮮やかな色や模様はその時のボディペインティングの名残とも言われています。色鮮やかなモラを身につけていることから“太陽を纏った人々”と呼ばれています。クナ族は血の純潔を重んじる為、他民族とは結婚してはならないという純血の掟があります。今も伝統や掟を守り生活している民族です。

モラ