マライカ公式通販 エスニック&アジアンファッションと雑貨・インディアンジュエリー

0120-918-023

 

ホピ族アーティスト

ホピ族は主にアリゾナ州北部の、ホピ居住区で伝統的なスタイルを守りながら生活しています。 インディアンの中でも見た目が日本人に近い人が多く、性格的にはおっとりしていてマイペースな人が多いです。信仰心が強く、カチナダンスやスネークダンスなど外部の人々には公開されない儀式も多々行われています。

ブラックメサと呼ばれる非常に厳しい自然の中に村があるため、その中で育てることのできるコーンと作物の恵みをもたらす水は彼らの命の源であり、非常に大切にされています。そのメサと呼ばれる台地には、ファーストメサ、セカンドメサ、サードメサと呼ばれるホピの居住区があり、その中の11もの村に分かれて生活しています。

メサにはもちろん全国チェーンなどのスーパーはなく、現代的な生活用品を買うためには1時間〜2時間かかる町にいかなければなりません。ホピの村では、オーバーレイジュエリーとカチナ、手で編まれたバスケットがよく売られています。

ホピの作るオーバーレイにはコーンをはじめ、雨を祈るための様々なカチナ、イーグルダンサーやメイズ、ウサギやコヨーテ、サボテンなど、個性的で様々なモチーフが使われます。 ココペリも元々はホピの岩絵に描かれていたものが始まりとも言われています。

ホピ族アーティスト一覧

ジュエリーTOPへ