マライカ公式通販 エスニック&アジアンファッションと雑貨・インディアンジュエリー

0120-918-023

 

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

※氏名はニックネームを記入してください。

  氏名 : 評点 :
内容 :

薄手パシュミナショール

16,000

160 pt

商品コード : SCFN021W

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
カラー

選択
ナチュラル残りわずか
グレー残りわずか
ベージュ残りわずか
数量
ショッピングバッグに入れる お気に入りリストに入れる

毛質が細く、軽く、保温性と保湿性に優れているカシミヤ。 生産量が少ないため、希少価値が高くなっています。“繊維の宝石”と言われるほど独特な光沢が美しいショールです。

【生産国】ネパール
【素材】Pashmina(カシミヤ)100% 下記に説明があります。
【生地】パイル地みたいにポコポコとした伸縮性がある生地
【カラー】上記カラーバリエーションよりお選び頂けます。
※写真はイメージです。お選び頂いた写真と色味などが多少異なる場合がございますので、何卒、ご了承ください。
【サイズ】長さ(一周分)-約180cm,幅-約70cm
※サイズは多少の誤差がございます。

※この製品は日本国内で繊維検査を行い、カシミヤ100%(カシミヤ99% 羊毛1% *混用率の許容範囲:毛 -3%)と確認してあります。(シルバー製品にシルバー100%というのが無いように、カシミヤも100%ピッタリというものは無いそうです)
ナチュラルのみナチュラルカラーで、ベージュとグレーはナチュラル(ベジタブル)ダイになっております。

※織りネームが100% PASHMINAで品質表示がカシミヤ100%となっている点について。
パシュミナもカシミヤ(カシミア)も同様の山羊から採れる毛の繊維と言われていますが、日本の家庭用品品質表示法で定められている組成繊維名称はカシミヤですので、その様に表記しております。
(パシュミナという組成繊維名称はありません)

※パシュミナと呼ばれる繊維の特徴とは
カシミヤ山羊から採った毛繊維をカシミヤと呼びますが、パシュミナは同じカシミヤ山羊でも、ヒマラヤ山岳地域に生息する山羊が山を登る際に岩に引っかかって抜けた毛だけを集めた とも、顎から首にかけての内毛のみのこと とも、そもそも山羊の種類が違うとも言われていますが、諸説ある中でもカシミヤとパシュミナで名称を分けた確かな違いはその繊維の細かさです。(糸の太さ細さではなく)繊維自体の細さの違いによって、つむいで織った時の柔らかさ、なめらかさが変わります。
今回のこのショールは、その繊維の細かさの違いによりパシュミナというラベルが付けられております。