マライカ公式通販 エスニック&アジアンファッションと雑貨・インディアンジュエリー

0120-918-023

 

クバ王国のラフィア布

クバ族は王を含むブショング族を中心に約18の民族集団から成り、17世紀に成立した森とサバンナの王国です(現在のコンゴ民主共和国内)。クバ族の居住する地域では綿花が取れない為、伝統的にラフィア椰子の葉の繊維で作られた衣装が作られてきました。それらの衣装は、ブショング族などが作るアップリケや絞り染め、ショワ族の草ビロードなど、それぞれの民族が独自の技法とデザインを発展させ、現在も祭りや儀式の際に身に付けられています。

草ビロード

ショワ族が生みだした幾何学模様の刺繍布。ラフィア椰子の若葉を干して裂いた繊維で男性が平織りの生地を織り、その後女性が刺繍で幾何学模様を描き出します。刺繍には細かくほぐしたラフィア糸を使い、色糸は木の実や葉、鉄かすなどを用いて染めています。織り目をひとつずつ拾って刺繍するミシーンという技法で線を描き出し、ほぐした糸を通し、それを1〜2ミリの長さに切るランバットと呼ばれる技法で面を埋めていきます。この刺繍は製作にたいへん時間がかかるため、途中で気分が変わり、モチーフや色が変えられてしまうこともしばしばあります。ただしこうした変化は許容されており、しかもこれが無限とも言われる草ビロードのバリエーションの豊富さを生み出しています。
→ビロード(和名;天鵞絨 びろうど) ベルベットのこと。やわらかな、短めのけばで表面をおおった布地。

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

※氏名はニックネームを記入してください。

  氏名 : 評点 :
内容 :

草ビロード×クバ布 113×57cm

14,500

145 pt

商品コード : AFB0416-073

発送元:オンラインショップ

数量

SOLDOUT

お気に入りリストに入れる
草ビロードとアップリケ布を組み合わせた大判タペストリー。

コンゴ、クバ王国のショワ族による一対の草ビロードとアップリケの布を組み合わせたものです。草ビロードは、刺繍の合間を埋めるランバットが全体に行き渡っておりませんが、上下にアップリケ布が縫い合わせられ、未完成ながらも一枚の作品として完成されています。草ビロードならではの、細かいラフィア繊維のビロードは少なめですが、ランバット前の刺繍ラインやアップリケのデザインを楽しむことができる一枚です。

原産国コンゴ
部族ショワ族
素材ラフィア椰子
サイズ113×57cm
生地乾燥させたラフィア椰子の繊維による粗目の平織り生地。 模様部分は同じくラフィアを細かく裂いた繊維で刺繍し、カットパイル状に仕上げてあります。 複数の布を縫い繋いで1枚の長い布にしたものです。
ご注意昔ながらの伝統技法で作られた自然素材の品物のため、織りむらや穴、ほつれなどが見受けられます。こういった部分も含め”手仕事”の特徴としてご紹介しておりますので、ご理解の上ご購入ください。また古布ならではの汚れや色あせ・穴開き・破れ・解れなどが見受けられます。大変デリケートな布で、やぶれやほつれやすい為お取り扱いには十分なご注意を必要とします。
※返品交換不可の商品となります。
※サイズは多少の誤差がございます。