マライカオンラインショップ
5000円以上送料無料
 
モザイク三角玉|マライカ
モザイク三角玉|マライカ

●ローマンビーズについて

年代:紀元前100年代から後300年代

原産地:アレキサンドリア(現エジプト)・シリア沿岸地域など

紀元前1世紀から紀元後4世紀にかけて、ローマ帝国ではガラス工芸が大きく発展し、交易品として多くのガラス製品が製作され輸出されました。地中海沿岸で作られたガラス製品たちは北欧から日本に至るまでの広大な地域に広まってゆきました。

初期は不透明なものがほとんどでしたが、1世紀を過ぎたころから透明なガラスが人気を博し広まってゆきます。ビーズとして作られたものは宝飾品として身を飾るもので希少価値が高く、コップや水差しとして作られたガラスの破片に穴をあけたものは出土が多いため現在でも比較的安価に手に入れることが出来ます。

商品レビュー

入力された顧客評価がありません。

※氏名はニックネームを記入してください。

  氏名 : 評点 :
内容 :
レビューを書く

モザイク三角玉

1,200,000

12,000 pt

商品コード : HN0609-022

発送元:マライカ中華街店

数量
ショッピングバッグに入れる お気に入りリストに入れる

後100年代から後300年代のローマンビーズ(モザイク三角玉)です。

モザイク三角玉

年代:1世紀から3世紀

産地:アレキサンドリア(現エジプト)

技法:バンデットモザイク(帯状モザイク)

【原産地】アレキサンドリア(現エジプト)

【サイズ】

 長さ:83cm

 中央ビーズの大きさ:17mm×15mm

※アンティーク品につき、傷・ヒビ・欠けなどがある場合がございます。