ローマングラス ピアス 【メール便可】

2,500税込

25ポイント付与

  • タイプ
      • タイプC
  • ¥2,500(税込)

    SOLD OUT
      • タイプD
  • ¥2,500(税込)

    SOLD OUT
      • タイプE
  • ¥2,500(税込)

    SOLD OUT
時を越えたローマングラスのシンプルピアス

古代ローマ~ローマ帝国期に作られた発掘ガラス、ローマングラスを使ったピアス。薄手のかけらをシンプルに仕立てたナチュラルで上品なデザイン。ものによって美しい銀化が見られることも。左右で色や形や少し違うのが味わい深く、耳元をロマンティックに彩ります。

原産地 アフガニスタン
推測製作年代 紀元前1世紀~2世紀 (※元になるガラスの年代)
サイズ A : 20mm×15mm
B : 24mm×12mm
C:26mm×16mm
D : 27mm×18mm
E : 22mm×16mm
F : 22mm×12mm
※トップのガラス部分・大きい方のサイズを計測
素材 ローマングラス、925Silver(フック部分)、メタル(丸カン部分)
特記事項 ※A・Dはパーツ下部にも穴が開いています。
※パーツが横向きについていて、横顔で見た時にガラスの正面が見えるような仕立てです。そのままでも綺麗ですが、正面を向けたい場合は丸カンをひとつ繋ぐ、又はトップのピアスパーツをゆっくりとねじって90度曲げることで正面向きにできます。
※アンティーク品につき、傷・ヒビ・欠けなどがある場合がございます。
※古代ガラスの銀化部分は剥落することがありますので、お手入れの際強く拭かないようお気をつけください。
ご注意 ※写真と実物とに、光の入り具合等の事情により、若干異なって見える場合があります。また、撮影には照明を使用しておりますので、明るい室内で見た色合いとなっております。

ローマングラス

紀元前1世紀から紀元後4世紀にかけて、ローマ帝国ではガラス工芸が大き く発展し、交易品として多くのガラス製品が製作され輸出されました。地中海沿岸で作られたガラス製品たちは北欧から日本に至るまでの広大な地域に広まってゆきました。 初期は不透明なものがほとんどでしたが、1世紀を過ぎたころから透明な ガラスが人気を博し広まってゆきます。ビーズとして作られたものは宝飾品として身を飾るもので希少価値が高く、コ ップや水差しとして作られたガラスの破片に穴をあけたものは出土が多いため現在でも比較的安価に手に入れることが 出来ます。

NewArrival新入荷アイテム

clear

ローマングラス ピアス 【メール便可】
  

土日祝休