マダガスカル産アメジスト標本

5,900税込

59ポイント付与

マダガスカル産のユニークなアメジスト標本

マダガスカル・アンディラムナ産のアメジスト標本。クォーツ結晶の先端に淡いパープルのアメジスト結晶が共産したリバースセプター状の結晶標本です。アルファベットの"Y"のような双晶タイプが珍しいです。

原産国 マダガスカル・アンディラムナ
石名 アメジスト
高さ 46mm
31mm
奥行き 11mm
特記事項 ※撮影に使用している石台やミネラルタックなどの資材は商品には含まれておりません。
※アメジストは直射日光に当てると退色する場合がございますので、設置する際はご留意ください。
ご注意 ※写真はイメージです。写真と柄や色見などが異なる場合がございます。
※サイズは多少の誤差がございます。

アメジスト

【Amethyst】紫水晶とも。人間とのかかわりの歴史は非常に古く、旧約聖書にもその名が見える。ギリシャ神話では、放蕩な酒の神バッカスとその家来にいたずらをされそうになった乙女アメジストを、月の女神ディアナが哀れに思い、アメシストを石に変えた、という物語があり、自分の行為を恥じたバッカスが、アメシストにワインを注いだところ、アメシストは美しいワインの色になった、とされる。そのため『この石を持っていると酒に酔わない』という言い伝えがあり、そこから解毒作用や不眠に効くなどの言い伝えが派生した。

セプタークォーツ(松茸水晶)

【Scepter quartz】クォーツ結晶の先端部分が拡大し、杖(セプター)のような形状をしていることに由来しています。最初に出来たクォーツの結晶に別のクォーツが覆いかぶさるように成長し、先端部分が拡大した形状をしています。その独特の形状から、指導や権威、叡智の象徴とされ、一部の地域では子孫繁栄をもたらすとしてお守りとして古くより大切にされてきました。おもな産地はブラジルやネパール、マダガスカルなどです。日本では「松茸水晶」とも呼ばれています。

Relevant関連性の高い商品

NewArrival新入荷アイテム

clear

マダガスカル産アメジスト標本
  

土日祝休